WEBメディア「DRIVE」新連載【行政のあたまのなか】スタートしました

2020.07.17
  • メディア掲載
  • 活動レポート
  • ?>

ローカルベンチャー協議会の事務局を担うNPO法人ETIC.が運営するWEBメディア「DRIVE」で、新連載が始まりました。 あらゆる局面に深刻な影響を及ぼす一方で、新しい働き方や価値観をもたらすきっかけともなっている新型コロナウイルス。刻一刻と状況が変化する中で、先進的な自治体はどのようにコロナ禍と向き合い、アクションを起こしていたのでしょうか。本連載では、意外と知ることの少ない最前線で働く自治体職員の方々の「あたまのなか」に迫ります。

<<特集ページ「行政のあたまのなか〜withコロナ時代の挑戦〜」>>
https://drive.media/special/27072

雲南市
行政の役割は転ばぬ先の杖と、失敗したときの尻ぬぐい。ハレーションを恐れるな。島根県雲南市役所のケース
https://drive.media/posts/26788

釜石市
誰よりも自己変容し続ける。「出る杭ネットワーク」を広げる岩手県釜石市役所のケース
https://drive.media/posts/26807

西粟倉村
村のSDGsに追い風。コロナ禍でもぶれない岡山県西粟倉村役場のあり方
https://drive.media/posts/26825

北海道厚真町
熱意の連鎖がサスティナブルな町をつくる。北海道厚真町役場のケースhttps://drive.media/posts/27089